wordpress 下書きの場合、公開済みの場合

<?php if( get_post_status( $post->ID ) == 'draft') { ?>
<!-- 下書き記事です -->
<?php }else{ ?>
<!-- 公開済み記事です -->
<?php } ?>

Excelでセルにシート名を表示する

=RIGHT(CELL("filename",A1),LEN(CELL("filename",A1))-FIND("]", CELL("filename",A1)))


▼参照元
https://www.moug.net/tech/exopr/0030051.html

さくらインターネットでWordpressで特定のディレクトリ以下だけHTTPSにしててHTTPにアクセスしたらHTTPSに転送(リダイレクト)されるhtaccessの記述

さくらインターネットでWordpressで特定のディレクトリ以下だけHTTPSにしててHTTPにアクセスしたらHTTPSに転送(リダイレクト)されるhtaccessの記述!!

が、コレだ!

/contact/以下はHTTPSプラグインを使って、https://xxx/contact/で表示はされるんだけど、
http://xxx/contact/でアクセスしても表示されちゃってたせいで、
フォームに入力しても確認画面へ進まないとか、一旦リセットされて入力画面に戻っちゃうとかいう不具合が出るので
https://xxx/contact/に転送されるようになりました。

RewriteEngine On
RewriteCond %{REQUEST_URI} ^/contact/
RewriteCond %{HTTP:X-SAKURA-FORWARDED-FOR} ^$
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]



記述する場所は・・・

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP:Authorization} ^(.*)
RewriteRule ^(.*) - [E=HTTP_AUTHORIZATION:%1]

▼私はこのあたりに書いたよ

RewriteEngine On
RewriteCond %{REQUEST_URI} ^/contact/
RewriteCond %{HTTP:X-SAKURA-FORWARDED-FOR} ^$
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

</IfModule>


と、ところが、
リダイレクトはうまくいったのに、結局のところの入力画面が2回出る(進めない、リセットされて入力に戻る)は直らなかったーーー


ちなみに、こことここを考にしました。
http://qiita.com/kaneko_tomo/items/1e49c5459fd84614b4d4
https://murashun.jp/blog/20150918-01.html#chapter-4

WordPressをhttps化する方法とさくらサーバーでの注意事項

さくらサーバでWP構築したサイトをSSL化したい。


↑とても親切で、全頁SSL化したいときは一発でした!



↑全ページではなく、Wordpress HTTPSプラグインを利用して、部分的にSSL化したかったので、下のページのやり方をやったら、CSSやjsのみSSLで読みこめた~!

ssl.jpg

SSL Hostのドメインの「www.」をとったら、うまくいった。

LINEで送る のURLはこんなかんじ。

<a href="http://line.me/R/msg/text/?【テキストやURL】">
このページを友達にLINEで教える。
</a>


UTF-8への変換ツールは
http://www.tagindex.com/tool/url.html

inputやselect textarea一括で格好よくcss設定したい

/* 入力フィールド共通 */
select,
textarea,
input.tel,
input[type="url"],
input[type="file"],
input[type="text"],
input[type="email"] {
font-size:120%;
font-family:"メイリオ", Meiryo, "MS Pゴシック", "MS PGothic", sans-serif;
width: 96%;
margin-bottom:1%;
padding: 1.5%;
border: 1px solid #000000;
box-sizing: border-box;
-moz-border-radius: 5px;
-webkit-border-radius: 5px;
border-radius: 5px;
}
/* 電場番号の上下矢印非表示for Chrome */
input[type=number]::-webkit-inner-spin-button,
input[type=number]::-webkit-outer-spin-button {
  -webkit-appearance: none;
  margin: 0;
}

スマホサイトをデザインするとき、どのくらいのサイズ(キャンパス)で作成すればいい?ファーストビューは?

iPhone4/4S: 640×960(ファーストビュー)
iPhone5/5S/5C: 640×1136( 〃 )
iPhone6 : 750x1334( 〃 )

なので、
幅640ピクセルでデザイン作成していただけるとちょうど良い感じになります。

カスタム投稿でアイキャッチを使う

何度か失敗したので、うまくいったときの記事を引用してメモ。


カスタム投稿でアイキャッチを使う方法

上の記述をしていても、カスタム投稿ではアイキャッチが利用できませんでした。

どうやら、カスタム投稿の設定で、引数?「supports」に『アイキャッチ使えるように』って値を与えてあげないといけないらしい。

'supports' => array( 'title', 'editor', 'thumbnail')
これだと、タイトルと編集とアイキャッチ画像。という意味ですね。

例えば、『blog』というカスタム投稿タイプでアイキャッチを使えるように設定する場合、
------------------------------------------------------
add_action( 'init', 'blog_init' );
 
function blog_init() {
    $args = array(
                    'supports' => array( 'title', 'editor', 'thumbnail')
                    );
    register_post_type( 'blog', $args );
}
------------------------------------------------------
これでカスタム投稿でアイキャッチが使えるようになりました。

あと注意しないといけないのは、register_post_type()は'init'アクションから呼び出さないといけないということでしょうか。


私は「information」という名前のカスタム投稿を追加してて、出来上がりは

------------------------------------------------------
add_action( 'init', 'information_init' );

function information_init() {
$args = array(
'supports' => array( 'title', 'editor', 'thumbnail')
);
register_post_type( 'information', $args );
}
------------------------------------------------------
supportsを変更したくなりがちだけど、違うみたいね。




▼ついでに
表示するためのタグも
<?php if(get_the_post_thumbnail( $id )): //アイキャッチあれば ?>
  <?php echo get_the_post_thumbnail( $id,'サイズ名' ); ?>
  <?php else: //無い場合の処理 ?>
   
  <?php endif; ?>

レスポンシブに最適なフォントサイズ

文字サイズの単位、迷いますよね~~

font-size:2.7vw;

↑ vwを使ってから、さらにその子孫に%やemを使えば、
相対的に、デバイスサイズに合わせて伸び縮みしてくれます。

jquery で、inputのvalueが空の場合、要素を非表示

$("ul li:has(input[value==''])").addClass("disnon");

今日かけた、一押しコード!
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11